抹茶の匂いと香り

五月晴れの爽やかな朝

お茶畑でお抹茶の葉を摘んだ。

風通りの良い袋に入れ、

電車で富山まで運ぶ。

流暢な英語とともに

強い香水の香りが脳に刺さる。

隣の席のお茶の葉の匂いが

香水の匂いと入り混じり、

とても上品な素敵な香りに

見事に変わった。


小さい頃、ゴールデンウィークが明けると

実家の車庫は毎晩、摘んだお茶の葉でいっぱいだった。

なんとも言えない匂い。

でも、決していい香りではない

若緑の、葉っぱの匂い。

葉っぱのひんやりとした感触と

郷愁漂う5月の月を思い出す。

日本人の心にしみ込む香り。

逞しい葉っぱに守られているから

ゆっくり、時間をかけて取り出します。

Yoriko

antianti ラボ便り

◆開発研究室からお届けの「ラボ便り」 科学的な視点でantianti製品などの情報を ご紹介いたします! ※今までの「ラボ便り(H30.5.31以前)」は こちらからご覧いただけます。 http://antianti.com/labo/ 〒930-0069 富山県富山市旅籠町5-8 TEL 076-495-7633 FAX 076-491-3833 営業時間 午前10時~午後6時

0コメント

  • 1000 / 1000