残らないということ

前回のブログ、お肌の恋人。


今回は、アンティアンティの研究チームが、

皆様のお肌の恋人を“うむ”ときに大切にしていること、

残らないということ。を紹介します。


残らないということ

つまり、“水に溶け、分解される”ということ。

そして、自然の中で“循環する”ということ。


これは、フェイス・ボディー・ヘア全ての商品共通です。


だから、汗をかけば取れちゃうし、

雨に濡れればやはり、取れちゃう。


不便だなーって思ったり、

ものたりないなと感じたり。


ファッションに例えるならば、

アンティアンティの商品は、

流行よりもお肌にとっての着心地を大切にしたい。


だって、何かチクチクしたものが服の中に入っていたり

小石がずっと靴の中に入っていたりするのは

ストレスだから。


“洗い流せないもの“は肌にとっては靴の中の小石。

そう、考えるから。


それが、お肌の恋人の親として

私たちが大切にしていること。


antianti ラボ便り

◆開発研究室からお届けの「ラボ便り」 科学的な視点でantianti製品などの情報を ご紹介いたします! ※今までの「ラボ便り(H30.5.31以前)」は こちらからご覧いただけます。 http://antianti.com/labo/ 〒930-0069 富山県富山市旅籠町5-8 TEL 076-495-7633 FAX 076-491-3833 営業時間 午前10時~午後6時

0コメント

  • 1000 / 1000