ディープバイオレット

MACOTT曰く、

花は、色によって香りがあるね。

ピンクの花はピンクの香り

オレンジの花はオレンジの香り

紫の花は紫の香り


それって、

色を作る遺伝子に

香りを作る情報も書いてあるということ?


それとも、MACOTTは

あ!ピンクの花だ!って思って

ピンクの花を嗅ぐとピンクの香り。

赤い花だ!って思って

赤の花を嗅ぐと赤の香り。

つまり、プラセーボ?思い込み?


今日、掃除中にふっとほのかな花の香りがした。

ちょっと湿った、落ち着いた

今日の雨模様にぴったりな香り。


どこから香ってくるのか

初めはわからなかった。


ディープバイオレットの香水を

朝手首につけたことを思い出す。


雨模様、ディープバイオレット。

確かに、少し湿った紫色の香りだ。


もうすぐ七夕。

紺色のシックな浴衣に

ディープバイオレットで華を飾ろう。

antianti ラボ便り

◆開発研究室からお届けの「ラボ便り」 科学的な視点でantianti製品などの情報を ご紹介いたします! ※今までの「ラボ便り(H30.5.31以前)」は こちらからご覧いただけます。 http://antianti.com/labo/ 〒930-0069 富山県富山市旅籠町5-8 TEL 076-495-7633 FAX 076-491-3833 営業時間 午前10時~午後6時

0コメント

  • 1000 / 1000