かげろう日記

突然ですが、最近、どんな“虫”を見ましたか?


夏になると、蝉や甲虫などを夢中で探していた幼少期。

あれから月日は経ちましたが、久しぶりに虫にときめきを感じたお話です。

(今日のブログは香りも美容も無関係な日記です)


私は、今年、人生で初めて”かげろう”を見ました。

(今まで見たことがないと思いますがひょっとしたら、かげろうと認識していなかっただけなのかもしれませんが)


私たちは毎朝、ラボラトリーの掃除をするのですが、

暑くなり始めた頃から、見かけない虫が窓に毎朝くっついているのです。

大きさは1cm〜2cmくらいで、なんとも、か細い、か弱そうな姿をしています。


いつも、必ずと言っていいほど2匹、少しくろみがかった虫と、

白っぽい虫が並んでいるのは何故?と思っていたのですが、

ある日、ちゃんと見てみると、白い方は脱皮した抜け殻でした!


ずっと、なんの虫かなぁと気にはなっていたのですが、

特に人に聞いたり、調べたりすることもなく、1ヶ月以上、

毎日、毎日、変な虫だなぁと思っていたのです。


つい最近になって、他のスタッフに

「最近、かげろうが毎日いますよね」と言われて

初めて、この華奢な虫が、かの有名な“かげろう”だと知りました!

初めてお目にかかれて、本当に嬉しかったです!!!!!!


少し調べてみると、かげろうは幼虫の時期を水の中で過ごし、

何度も脱皮を繰り返した後、蛹にならずに、羽の生えた亜成虫という段階を経て、

最後にもう一度、脱皮をして成虫になるそうです。


ラボの周りは特に川が流れているわけではないのですが、、、

毎日飛んでくるくらいですから、どこか近くで、かげろうが育っているのでしょうか?


なぜ、かげろうは、アンティアンティラボラトリーの窓で

亜成虫から成虫になるのが好きなのでしょうか?


謎は深まるばかりのこの頃です。

antianti ラボ便り

◆開発研究室からお届けの「ラボ便り」 科学的な視点でantianti製品などの情報を ご紹介いたします! ※今までの「ラボ便り(H30.5.31以前)」は こちらからご覧いただけます。 http://antianti.com/labo/ 〒930-0069 富山県富山市旅籠町5-8 TEL 076-495-7633 FAX 076-491-3833 営業時間 午前10時~午後6時

0コメント

  • 1000 / 1000