Season's Advice No.32

太陽が元気よく、強い日差しが気になる季節となって参りました。

本日は、アンティアンティのナチュラルで健康的な

紫外線対策をご紹介します。

アンティアンティのスタッフは一年中

ノーファンデで過ごしておりますが、

夏も日焼け止めを使わないスキンケアに

お客様はよく驚かれます。


私達は日焼け止めの代わりに、

外出時は肌に直接紫外線が当たらないよう

お気に入りの麦わら帽子や日傘を愛用します。


日々のスキンケアでは

良質な水分補給と花の恵みで肌の奥から癒すように

紫外線に負けない健康的な素肌を磨いています。


肌が健康的であれば

たとえ日焼けをしてしまったとしても

きちんと白いお肌に戻ってゆく、

その力を育むスキンケアが大切だと思っています。


私は20代前半にアンティアンティの化粧品と出会いました。

小さい頃から夏は日焼けをして真っ黒な私は、

当時も変わらず太陽の日差しを愛していました。

すると、先輩スタッフから

日焼けした真っ黒な私に驚かれましたが、

1カ月後に再会した時には

元の白い肌に戻っていたことに更に驚かれたことを、

印象的な肌の変化も含めて今でも鮮明に思い出します。


30代となった現在は、

お気に入りの日傘探しは毎年の楽しみになりました。

そして、秋に成果が出る夏のスキンケアとして

日々の素肌を磨いてゆきます。


季節毎に異なる肌ストレスですが、それらを癒すのに大切なスキンケアは

いつも基本的なステップが要となると思います。


メイクをしている方は、メイク落としからスキンケアが始まります。

そして、洗顔で素肌をリセットして、

化粧水で水分補給、美容液で必要な栄養を補給して、

最後にオイルでつるんと、またはクリームでマットに仕上げます。


今回は、夏に注目して頂きたいアイテムの一部をご紹介します。


一つ目は、何といっても化粧水です。

夏は汗をかくことも増えるせいか肌の乾燥を見過ごしやすく、

更に冷房による冷えから肌は疲れ気味です。

そんな時、素肌が必要とするたっぷりの水分補給が

土台を整えてゆくポイントになります。

日傘をさしていても浴びてしまう太陽の日差しに焼けた肌には、

美肌の為に開発された、酸素いっぱいの化粧水で

紫外線のストレスも一緒に洗い流すような気持ちで水分補給をします。

蒸し暑い日は特に、肌が必要としている水分量を見極めるのが苦手な私は、

気持ち多めの水分補給をして肌をぴちぴちに潤します。

紫外線を浴びた日の夜のケアでは、

ローションパックとして贅沢に化粧水を使うのもおすすめです。


《化粧水》

シェイクバブルイーアクア

フラワーアクアオーガニックローズオットー


次に、夏にぴったりの美容液を選びます。

UVコントロールジェルは、一年中ご愛用のお客様がいらっしゃるほど、

季節問わず外出時の美容液として人気がありますが、

夏は特に人気があり、紫外線を浴びた傍から、

花や植物の恵みで肌を癒すように、香りでお顔を包み込むようにお楽しみ頂けます。

そして、夜の美容液としてローズコントローラーホワイトニングを使い分ければ、

肌を更に癒し、花の恵みを存分にご活用頂けると思います。


また、私の夏のスキンケアにはオイルクリームは必須です。

もともと日焼けをしやすい私の肌ですが、

季節問わず油分できちんと保湿し素肌をカバーすることで、

例え思わぬ日焼けしてしまったとしても綺麗に焼け、

十分な保湿のお陰で、肌のターンオーバーを乱すことなく解消してゆくのを感じています。

逆に、保湿が不十分な時は、まるでまだらに日焼けをしてしまい、

シミに繋がるような肌状態を経験したこともありました。

それからは、夏は素肌を守るために油分での保湿を欠かさないようにしています。


以上が、夏のスキンケアにおすすめのアイテムの一部です。


基本的な正しいスキンケアだけでも素肌は美しくなってゆくと思いますが、

更なる美肌を磨いてゆく目的としてお試し頂けましたら幸いです。


夏に艶めく肌づくり、皆様も是非心地よく

アンティアンティのスキンケアをお楽しみください。

antianti ラボ便り

◆開発研究室からお届けの「ラボ便り」 科学的な視点でantianti製品などの情報を ご紹介いたします! ※今までの「ラボ便り(H30.5.31以前)」は こちらからご覧いただけます。 http://antianti.com/labo/ 〒930-0069 富山県富山市旅籠町5-8 TEL 076-495-7633 FAX 076-491-3833 営業時間 午前10時~午後6時

0コメント

  • 1000 / 1000