調香師の香水手帖 ”Blue Violet”




青色は遠くからやってくる。

青い香気物質もゆっくり飛んでくる。

小さなスミレの花を嗅いでみると

紫色の虹のように香る。





神経を尖らせないと見逃してしまうくらい繊細な香気だ。

青紫色を熟成香水で作るには

白とピンクと黄色の花、

ジャスミン、チュベローズ、ライラック、ローズ、イランイラン、ナルシスなどに

グリーンの葉と根をブレンドして

7年以上熟成させる。

約5年以上経過しないと青い色の香りの表現は出来ない。

ゆっくり待たないと特別な香りは生まれない。

熟成香水は、ムエットにつけて嗅いでも良さは分かりにくい。

天然物だけで熟成された香りは、

肌につけて官能することで

特別なその人だけの香りに変化する。

イオン化された水に反応して、

それぞれの香りと体温により生まれてくる。

自分の肌に乗せて、最も落ち着いたお休み前に。

あなただけの特別な香り、

青色の夢と共にお休みください。


マコト虫








antianti ラボ便り

◆開発研究室からお届けの「ラボ便り」 科学的な視点でantianti製品などの情報を ご紹介いたします! ※今までの「ラボ便り(H30.5.31以前)」は こちらからご覧いただけます。 http://antianti.com/labo/ 〒930-0069 富山県富山市旅籠町5-8 TEL 076-495-7633 FAX 076-491-3833 営業時間 午前10時~午後6時

0コメント

  • 1000 / 1000